読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幼稚園教諭・保育士など保育専門の求人サイト「サワダヒューマンワークス」

幼稚園教諭・保育士有資格の方(新卒者も含む)で、正規職で就・転職希望の方や、非常勤(パートや派遣など)で保育補助を求職中の方に、          幼稚園教諭・保育士求人のご紹介及び採用・勤務が始まるまでのサポートをしています。 http://www.s-humanworks.com/

保育・子育てに役立つmixiコラム

実はチャンス!「毎日同じ絵本を持ってくる我が子」どうすればいい?

子どもが毎日同じ絵本を「これ読んで〜!」と、持ってくる。 ママが本を読み終えたと思ったら「もう、1回、もう1回〜!」とせがまれる。 読み手のお母さんは、同じ本を毎回となるとさすがにうんざり……。なんてことありませんか? そこで今日は、『心と頭が…

赤ちゃんにもお母さんにも優しい! 夜泣き改善のための3つのステップ

■なぜ夜泣きをするの? 赤ちゃんが夜泣きする原因は、2つあります、1つは体内時計で、もう1つは寝かしつけの習慣です。 私たちはみな体内時計を持っていますが、生まれたての赤ちゃんではまだ体内時計が働いていません。 赤ちゃんの体内時計が働き始めるのは…

イヤイヤは成長の証!「魔の2歳児」とハッピーに過ごすための10個のコツ

二言目には「イヤ!」を連発し、連日の衝突に「素直で可愛かった私の天使ちゃんは一体どこへ……?」なんて嘆いているママはいませんか? そう、これは2歳前後に始まる“イヤイヤ期”というもので、この時期の子どもは通称“魔の2歳児”なんて言われています。悪い…

よく分かる! 赤ちゃんあるあるエピソード

赤ちゃんの行動やしぐさ、これってみんな同じなのでしょうか?天使のような愛らしさをもちながら、ときおりみせる変わった表情や行動はどこの家庭でもみられる、赤ちゃん特有のものかもしれません。■どうしたらこんなになるの?「うちもあったあった!」とマ…

全てのママ必見!わが子が「素直な子ども」に育つたった1つの方法

素直な子どもに育ってほしい……親なら誰しもそう願うはず。その鍵は、乳児のころに“ある育て方”をするかしないかで決まってくるそうなのです。ちょっと気になりませんか? そこで今回は、文部科学省の作成したハンドブック『家庭で・地域で・学校でみんな早寝…

【おとな絵本】動物たちの表情がユーモラスで可愛い!「ねずみくんのチョッキ」

子どもにワクワクや楽しさ、悲しさ、教訓などを教えてくれる絵本。大人になって読んでみると、また違った印象を受けることもあるかもしれません。 夜眠る前に、雨降りの日に、もちろん晴れの日だって、絵本を読む時間はきっと貴重な時間となることでしょう。…

2歳の子におもちゃを自分で片付けさせる方法

やんちゃなさかりの2歳!おもちゃで遊び倒した後、そのお片付けをはじめからきちんとできる子は、なかなかいないのではないでしょうか。自分で散らかしたおもちゃ。どうしたら片付けさせるしつけをすることができるのでしょうか。■必殺技!「一緒に片付ける…

心に染みる! 大人になっても読み返したい絵本5選

小さいころは誰もがよく読んでいた絵本。高校生になると、なかなか読む機会がなくなってしまうけれど、実は今だからこそ心に響く内容の絵本もあるのかも!そこで、設立してから40年以上経つ老舗出版社・集文社の社長で、各地で絵本の読み聞かせも行っている…

赤ちゃんの夜泣きや機嫌の悪さ…実はお口の中に原因があった?

なんだか前よりもぐずりやすく、ご機嫌がななめ。最近やたらと何でも噛みたがるし、唾液がたくさん出るようになった……いったいうちの子、どうしちゃったのかしら?実はこの変化、歯の生え始めのサインかもしれません。今回は赤ちゃんの身に起こる大きな変化…

子どもを虜にする「絵本の読み聞かせ方」9パターン

絵本を読んでいたら、子どもが途中で飽きてしまったり、ママとの力の差を感じて軽く落ち込んだことのあるパパもいると思います。では、どんな読み方をすれば、子どもを夢中にさせることができるのでしょうか。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「…

【赤ちゃん】"寝言泣き"に要注意! 「夜泣き専門保育士」に聞いた、安眠のための改善方法

新米のお父さんお母さんを悩ませる赤ちゃんの夜泣き。どうして泣いているのか分からないし、睡眠不足に陥るしでイライラしたり落ち込んだり…。実際、1歳の娘を持つ私も「授乳さえしたら寝てくれるから…」と我慢を続けていました。しかし、タレントの小倉優子…

ママの接し方がカギ!子どもを「頭のいい子」に育てる親の接し方3つ

親なら誰でも子どもには頭のいい子になってもらいたいと思いますよね。幼児期の子どもの成長は目覚ましいし、その頃の子どもは本当に、みんな天才かと思うくらい素晴らしい吸収力を発揮します。今日は『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に…

"夜泣き専門"保育師に聞いた「寝かしつけ」習慣を変えてより良い眠りを迎える8つのコツ

夜中に何度も赤ちゃんに起こされるのはとても辛いもの。赤ちゃんの夜泣きの原因には「体内時計」と「寝かしつけ」の2種類があることを教えてくれたのは、「赤ちゃんの眠り研究所」の代表で"夜泣き専門保育士"の清水先生。「"寝言泣き"」など目から鱗の内容…

お金をかけずに子どもの能力を伸ばせる「手作りおもちゃ」5つ

近 年、子ども達のおもちゃ事情が変化しています。スマートフォンやゲームの普及により、親子の会話や友達との交流が減りつつあるのです!それで、学力の低下や感情表現が乏しい子どもが増えていることが深刻な社会問題になっています。そもそも、昔の子ども…

子どもが自分から挨拶できるようになる「上手なしつけ方」3つ

挨拶は社会に出れば基本中の基本。人と出会ったら、まず挨拶から始まりますからとっても大切ですよね。筆者の本でも、基本のマナーとして、まず一番に挨拶を入れています。では、子どもにきちんと挨拶ができるようにしつけるにはどうすればいいでしょうか?…

褒められている子どもは友達が多いと判明--褒める子育てのコツとは?

ライオンはこのほど、「子育てと家庭でのお手伝いに関する意識・実態調査」の結果を発表した。同調査は6月、小学生の子どもを持つ母親とその子どもを対象として実施。母親669名、その子ども448名から回答を得た。○褒められる子どもは「友だちの人数」が多い…

赤ちゃんの言葉を伸ばすには「量より質の高さ」が重要だった!

よく「赤ちゃんにたくさんの言葉を使って話しかけると言語能力が発達する」と言いますよね。つまり、”量”を重視する考え方が一般的です。しかし最近アメリカで、言葉の量ではなく、その”質”を重視した方がいいとの研究結果が発表されました!そこで今日は、…

制限しちゃダメ!よく遊ぶ子ほど「お金持ち」になりやすいと判明

アメリカでは今、ピアノレッスン、塾、スポーツクラブなど、習い事をいくつも抱え、自由な遊び時間を持てない子ども達が問題視され始めています。日本の子ども達もまた、同じような状況にありますよね。とくに近年は、0~2歳児をターゲットにした早期教育の…

安易にほめずに「子どもの自分らしさを高める」魔法の言い回し

子育てに対する考え方や方針は、各家庭によって様々ですよね。しかし、「悪いことをしたら叱る。でも、良いことをしたときは、それ以上にほめてあげる」といった考えはきっと、どこの家庭にも共通していることではないでしょうか。子どもをほめて伸ばすこと…

働くママの涙腺直撃! サイボウズの作ったムービーが「あるあるが凝縮しすぎ」「心に染みた」「良い話っぽくしてほしくない」など大反響

サイボウズ ワークスタイルムービー「大丈夫」 - YouTube グループウェア「サイボウズ Office」シリーズなどを提供し、近年はコラボレーションツール市場における地位を確立している「サイボウズ」。社内でのスケジュール管理などに同社製品を使ったことがあ…

「泣いたら抱っこ」が心の成長にとても大切なわけ

■「基本的信頼感」は赤ちゃん時代につくられる 赤ちゃんはお腹がすいたり、飽きたり、不愉快だったりすると、周囲の状況などお構いなしに泣き叫びます。泣くことで、自分の気持ちを表しているのです。 一昔前の育児論では、「抱き癖がつくから、赤ちゃんが泣…

息子と一緒にパパも楽しめる「冒険絵本」9パターン

絵本のなかで繰り広げられる「冒険」に、胸躍らせた経験のある男性は多いでしょう。大人になったいまだからこそ、息子と一緒にワクワクするような思いを再び味わってみるのも悪くないかもしれません。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「息子と一…

子育てで神経が崩壊する前に!「気持ちがラクになる」育児の考え方3つ

子育てで余裕がなくなると、「育児、子育てがツライ……」と思ったりしませんか?近くに親やサポートしてくれる人がいて、育児の大変さやツラサを話して発散できればいいですが、周囲にそういった人がおらず、子どもと2人きりで悶々としてしまうこともあるので…

赤ちゃんがいつも目で追っているのは●●だと心理学で明らかに!

「赤ちゃんが見ている世界ってどんな感じなんだろう?」「赤ちゃんの好奇心ってどこに向けられているのかな?」親ならずとも、赤ちゃんの頭の中には興味がありますよね。これ、実は最近カナダの大学が行った”赤ちゃんの目線を調査する”という興味深い実験に…

実践すれば本当に「赤ちゃんの歯に虫歯ができなくなる」方法5つ

大人なら、誰もが一度は経験したことのある虫歯。一度なってしまうと、痛くて辛いですよね……。歯がズキズキ痛むだけでなく、顎にも何だか違和感が出ますよね。しかも、夜になると痛みが増し、ひどい時は頭痛まで起きることもありませんか?このように、自分…

くまのプーさんの言葉がいちいち含蓄に富んでいる

くまのプーさんと言えば、ぽっちゃりした黄色い体に赤いTシャツ、ゆったりした口調にのんびりした性格で、元祖癒し系キャラとも言える人気のディズニーキャラクターです。 そんなプーさんと仲間たちが物語の中で発している言葉に、人生をほんの少しだけ豊か…

スアレスは、なぜ噛み付くのか やってはいけない「子どもの心を荒らす」子育て

約1カ月に渡って、熱い闘いが繰り広げられた 2014 FIFA W杯ブラジル大会の開催中には思わぬニュースも飛び込んできたが、ひときわ目をひいたのはウルグアイ代表のエース・スアレス選手の「噛み付き事件」だ。関連情報を含む記事はこちら 1次リーグイタリア戦…

食事のたびにひっくりかえされる食器……子どもを落ち着かせる方法

自分で食事ができるように練習させたい気持ちは山々だけど、思うようにいかないことってありますよね。特にまだ小さいうちは遊び半分で食事するのでママの苦労も多いようです。■食事時間は目が離せない!「先月2歳になりました。いつまでやるんでしょうか………

教えるのがうまい親の意外な共通点

日常生活や仕事中、ふとした瞬間に何かいいアイディアが突然ひらめくこと、たまにありませんか。クイズ番組で確信的な答えを思いつくこともあるかもしれません。その瞬間の気持ちを思い出してください。もしも、そのアイディアや答えを誰かから教えられたと…

夜寝かせるとき子どもに行うと「発育にいい影響が出る」こと3つ

寝ているとき、成長ホルモンが分泌されます。これは、子どもの健全な発育に必要不可欠。そのため、子どもの仕事は眠ることだとよく言われますよね。実際、1歳児の成長に必要な睡眠時間は、お昼寝を含めて”約14時間”。しかし快眠コーディネーターの力田正明先…

家庭でも取り入れたい!音楽やダンスが子どもの成長に与える4つのメリット

平成20年7月から義務教育としてダンスが取り入れられたのは皆さんの記憶に新しいと思います。では、なぜ今になって義務教育にダンスが取り入れられたのでしょうか?確かに子どもってテレビのCMに合わせながら踊ったり、教育番組が大好きだったりしますよね。…

魔の4歳!? 親を悩ます「ちびっ子ギャングエイジ」との上手な関わり方

子どもが4~5歳になると「言うことを聞かない」「モノに当たる」「いつも不機嫌で困る」といった悩みを持ち始める親も多いのではないでしょうか?友達とうまく関われなかったり、それまでの子どもらしい態度とは裏腹に、気持ちと反対のことを言ったり、わざ…

いつものお絵描きが何倍も楽しくなる「100円アイテム」6つ

子どもが絵を描く姿を見ていると、ハッとなるような色づかいや思わずビックリするようなシチュエーションの絵など、大人に驚きと感動を与えてくれます。そのため、楽しく自由に子どもがお絵描きできるような環境が、家にあるといいですよね。ただ、「お絵描…

子どもが迷惑している!親がやめるべき「質問の仕方」

子どもが幼稚園や学校やお稽古事に行くようになると、親の目の届かない時間が増えます。すると親としては、子どもが幼稚園や学校やお稽古の教室でちゃんとやれているのかどうか、どうしても気になりますね。でも、「子どもとコミュニケーションを取りたい」…

子どもが自分を好きになる!自己肯定感が育まれる絵本4冊

みなさんは、自己肯定感という言葉をご存知でしょうか?今、この”自己肯定感”が、子どもの健やかな成長の土台として大切だといわれてます。そこで、自己肯定感を育むためのポイントに着目して、それを高める手助けとなる絵本を、JPIC読書アドバイザーの大橋…

ママ必見!のびのびした子に育てるために「必要なしつけ」3つ

やる気がなかったり、無責任だったり、目標がなかったり……「もっと自分に価値を見い出せばいいのに」と言いたくなる大人を見かけませんか?なぜそうなってしまったのでしょうか。そんな自尊心の低さは、幼少期の育てられ方に原因があるのかもしれません。そ…

はじめての乳幼児向け番組ガイド2014 ―― 親になったから、見るものがある。

まった暗い室内、深夜のバラエティに助けられたことも多々ありました。その後、日本には大変な震災が起こり、テレビの内容もだいぶ変わってしまいました。そんなとき私をほっとさせてくれたのは、いち早く通常放送に戻った子ども番組でした。それ以降、子ど…

読むと赤ちゃんが笑顔になって「至福の時間」を味わえる絵本3冊

筆者のところに、「赤ちゃんに絵本を読んであげたいけれど、全然見てくれません……」そんなお悩みが寄せられることがあります。「やっぱり小さな赤ちゃんに絵本は無理なのかしら?」と、ため息混じりのお母さんの様子が目に浮かびますが……。あきらめるのはま…

なぜか子どものツボにはまるシュールな絵本9パターン

絵本を選ぶときはどうしても、大人の目線で吟味してしまいがち。たまには、子どもウケ抜群のシュールな作品にも手を伸ばしてみてはいかがでしょうか。そこで今回は、「なぜか子どものツボにはまるシュールな絵本」というテーマで独自アンケートを実施し、先…

実はとっても大事!幼児の「おやつ」あれこれ

こんにちは。食育ずかんライターの、くまこです。今回は、幼児に与える「おやつ」をテーマに、食育まめ知識をお届けします♪ 【第四の食事としてのおやつ】幼児の胃はまだ小さく、消化機能も発達中で、3度の食事だけでは栄養が不足してしまいがち。それを補う…

知らない間にいろんなことを覚えてる? 1歳未満でも楽しめる絵本

言葉で表現できなくても、赤ちゃんはいろんなものを目でみていて、確認しているもの。必死に大きな瞳を動かして興味を示している姿に、胸キュンしてしまうママも少なくないのではないでしょうか?■赤ちゃんも興味津々の絵本ママスタには1歳未満の赤ちゃんで…

赤ちゃんがピタッと泣きやむ方法ランキング

赤ちゃんは泣くのが仕事。そうはいっても、授乳したり、オムツ替えたり、あやしたりしても赤ちゃんが泣きやまないと、もしかしたら病気なのかもしれないと不安になることがありますよね。 赤ちゃんが泣きやんで笑顔になると心底ほっとするものです。 そこで…

"集団遊び"で将来、勝ち組に!? 「遊び方」で変わる「社会人基礎力」3つ

5月5日の子どもの日は内閣府のホームページによると、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日として定められている。 噛み砕いて言えば、「子どもの将来をハッピーにするために家族で相談しましょう。(子どもはお母さんに…

「私も読んでもらったなぁ」と懐かしい気持ちで子どもと楽しめる絵本9作

昔から読み継がれている作品には、それだけの魅力が詰まっているはず。ぜひわが子にも、そうした名作に触れさせたいと思うのが親心ではないでしょうか。そこで今回は、「『私も読んでもらったなぁ』と懐かしい気持ちで子どもと楽しめる絵本」というテーマで…

子どもが不信感を持つので絶対にやっちゃいけない「叱り方」3つ

みなさんは叱るとき、どうやって叱っていますか?実は、叱り方次第では、子どもは逆に「言う通りにしてやるもんか!」と反抗的になって、言うことを聞かなくなってしまいます。 そして、子どもから不信感を持たれ続けると、いつの間にか親子の間に溝ができて…

初めてメロンを食べた1歳児の反応が可愛すぎ!!

「初めてメロンを食べた娘の反応が想像を超えていた……」という瞬間をとらえた写真が、Twitterで1万RTを突破するほど話題になっていました。 投稿者はイラストレーター兼法廷画家の榎本よしたかさん。1歳9ヶ月になるお嬢さんに「初めてメロン」を食べさせたと…

子どもが自然と自ら身支度をやりたがるようになる「魔法の一言」

子どもが成長すると、どんどん「自分の準備は自分でできるようになってほしい!」と思うようになりませんか? でも、どうすればスムーズにやってくれるようになるのかが難しいところ……。 そんな子どもにやる気を出させたくて悩むママにピッタリなのが、「自…

「立って抱け 怒る小さな 司令塔」 - 第11回和光堂子育て川柳大賞

ベビーフードを販売する和光堂で発表された子育ての楽しさをテーマとした「第11回和光堂子育て川柳」の入選作品37句。 http://community.wakodo.co.jp/community/senryu/ 応募作品は全部で5.815作品。傾向としては、2013年に流行語となった「お・も・て・な…

よくわかる「子どもを甘やかすことと支えること」の違い

ふと、街中で目に入った他の親子を見て「あの親は子どもを甘やかしすぎ」と思ったことはありませんか? 子どものわがままを許し、決して怒ろうとしない親は、第三者からすれば、甘やかして子育てをしているように見えてしまいます。しかし、もしかすると、あ…

幼児教育の専門家が気付いた「子どもにいい絵本の読み聞かせ方」

子どもが小さいうちは、絵本の読み聞かせをたくさんしてあげたいですよね。 しかし、「正しいやり方じゃないと意味がない」なんて説もあり、読み聞かせに悩んでいるママは多いはず! もし読み聞かせについて詳しいことを知りたいなら、株式会社パワーキッズ…