幼稚園教諭・保育士など保育専門の求人サイト「サワダヒューマンワークス」

幼稚園教諭・保育士有資格の方(新卒者も含む)で、正規職で就・転職希望の方や、非常勤(パートや派遣など)で保育補助を求職中の方に、          幼稚園教諭・保育士求人のご紹介及び採用・勤務が始まるまでのサポートをしています。 http://www.s-humanworks.com/

恥ずかしがってないで!「子どもを思い切り抱きしめるべき」5つの理由

f:id:hoiku4510com:20170630180945j:plain

 

 

 

子どもに何か伝えたいことがあった場合、もっとも伝わる方法をご存じですか? それは、子どもを抱きしめて話すことです。  

しかしシャイな国民性の日本人にとって、なかなか人前で子どもを抱きしめることは難しいかもしれません。 

そこで今回は、育児情報サイト『The New Age Parents』の記事を参考に、“子どもを抱きしめるべき5つの理由”をお伝えします。抱きしめるということは、子どもにとってとても大事なことなのです。 



■1:安心感を与えられる

子どもは親からの愛情をたっぷり受けることを必要としています。抱きしめられることで、親の愛情を全身で感じ、安心することができるのです。安心感は、子どもの健全な成長の根底となるものです。 



■2:自己肯定感を持たせられる 

子どもを抱きしめることで、子どもは親からの愛情を感じられます。 

親が十分な愛情を注ぎ、どんな時でも子どものことに関心を持っていると伝えることで、子どもは自分に自信を持つことができます。自分に自信を持つことで、自分のことを肯定的に捉え、何事にも前向きにチャレンジする姿勢を生み出せるのです。 



■3:子どもの感情を理解できる 

赤ちゃんや小さい子ども、時にはある程度大きくなった子どもであっても、自分の気持ちを表現することが難しいことあがります。 

そんな時、しっかりと抱きしめることで、子どもの気持ちに寄り添うことができ、もどかしい気持ちを理解してあげられるでしょう。悲しみ、怒り、恐れ、時には感動など、彼らの気持ちに寄り添うことが大切です。 



■4:あなたの言葉を届けられる 

子どもが何か悪いことをしてしまった時、ついつい怒ってしまうかと思いますが、そんな時こそ、優しく抱きしめてください。そして、伝えるべきことをちゃんと伝えましょう。子どもはしっかりとあなたの言葉を聞くはずです。 



■5:子どもをハッピーにできる 

子どもを抱きしめることで、人間の精神状態に大きな影響を与える脳内物質“セロトニン”を増やすことができます。セロトニンは“幸せ物質”とも言われており、脳内のセロトニンを増やすことで、より多くの幸福感を感じることができます。 

子どもが感じる孤独や、怒りの感情を減らすこともできます。どんどん抱きしめてあげてください。 



以上、“子どもを抱きしめるべき5つの理由”でしたが、いかがだったでしょうか。 

子どもを抱きしめると、親の怒りを鎮めることもできます。子どもにちょっと“イラッ”とした時、自分でも“怒り過ぎだなあ”と思う時など、ぜひ子どもを抱きしめてください。自然と怒りの感情が消えていくことでしょう。 

 

 

 

 

幼稚園教諭・保育士の求人サイト|サワダヒューマンワークス
https://www.s-humanworks.com/
保育の仕事情報ナビ
http://www.hoiku4510.com/